--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月02日 (土) | Edit |

実験室KR-13 [DVD]実験室KR-13 [DVD]
(2010/01/29)
クロエ・セヴィニーティモシー・ハットン

商品詳細を見る


感動 ★☆☆☆☆
驚愕 ★★★☆☆
爆笑 ★☆☆☆☆

いやー、ひたすら陰鬱な映画だった。
だが、それがいい(笑)

でも、あんまり万人ウケする内容じゃないのは確か。

ストーリーは殆どないから、
派手な演出だとか起承転結を期待するなら
手を出さないほうがいいと思う。

実は最初の脱落者が出るところが、
この映画の最大の見せ場だったり(笑)

最近の流行りのように、
やたらグロかったりするワケでもなく、
結構淡々と進むんだけど、
緊張感が途切れない展開がうまいな。

被験者側だけを描くんじゃなく、
新たに組織に配属されたライリーの葛藤も
描くことで、間延びしないよう工夫されてるけど、
ライリーは結構、あっさり受け入れてしまう。

ヒトってこんな簡単に良心捨てられるもんかなぁ。
人間への失望感をこれでもかと煽っておいて
何の救いもない結末には唖然とする。

そもそもこの実験の目的も「目には目を」的な
救いようのない思考に基づくものだしなぁ。

自分は何を好き好んでこういうのばっか選んで
見てしまうんだろう?(笑)

そんなに日常が退屈なのか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。