--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月11日 (月) | Edit |
ウォンテッド リミテッド・バージョン [DVD]ウォンテッド リミテッド・バージョン [DVD]
(2009/02/25)
ジェームズ・マカヴォイアンジェリーナ・ジョリー

商品詳細を見る


感動 ★★★☆☆
驚愕 ★★★★★
爆笑 ★★★☆☆


WANTEDを見た。

こりゃ、面白いや。
何も考えずに映像だけを見ていても楽しい。

生きることに嫌気がさしてるけど、
死にたくもないというようなダメ主人公が、
倦怠感バリバリなときの自分に重なる(苦笑)

銃撃戦に巻き込まれてカーチェイスで振り回されて、
わけわかんない組織に連れていかれる。
大金が手に入って、嫌な上司に暴言吐いて
会社辞めちゃう。

こう書くと、めちゃめちゃな展開だけど、
本格化するのは、このあとから。

なんというかこういう普通未満な人が
ある日突然覚醒してヒーローになっちゃうってのは、
どうしても男のコとしては憧れてしまうワケだ(笑)

あと、冒頭にも書いたけれど、
斬新な映像が満載で、それもココロ奪われる要素のひとつ。

銃弾を銃弾で弾き返したり、
銃弾をカーブさせたりするんだもんな。
ををを!こいつはすげぇ!と見入ってしまった。

クールな女性暗殺者を演じるアンジェリーナ・ジョリーが
またカッコよすぎる。

戦うアンジェリーナ・ジョリーは何度か見てるワケだけど、
この作品がイチバンじゃないかなぁ。
立ち振る舞いのカッコよさと、寡黙ながらも信念を持った
人物として描かれていて、かなりボク好み。

そして、単純思考なボクはストーリー展開にも
素直に感心してしまったので、大満足だ。

でも・・・暗殺とは到底言えないほど、
いろいろ巻き込んで破壊しちゃってるのは
いいんだろうか?と見終わった後は思うかも(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。