--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月08日 (火) | Edit |
心臓(初回限定盤)心臓(初回限定盤)
(2009/09/08)
KREVAMummy-D

商品詳細を見る


実はKREVAのオリジナルアルバムを買うのは、
この「心臓」がはじめてだ。

KREVA×2と騒いでるけど、
はっきりいってにわかファンだもんな(苦笑)

なので、他のアルバムと比較してどうか、とか
そういうコメントが書けないんだけど、
感じたコトをつらつらと書き綴ってみる。

青と赤の2枚のシングルを聴いて、
膨らませてきたアルバムのイメージを
素直に辿ってるな、というのが最初の印象。

でも、超メロウな「K.I.S.S」が1曲目ってのは、
かなり挑戦的な構成だなぁと思う。

ただ、ここ最近のJ-Popなアーティストとのコラボの流れから
KREVAをちょっと聴いてみよう、と思った人に向けて、
この所謂左心室からのアプローチは正解だろうなぁ。

ゆるやかにHipHopの世界へいざなうというか。

今んとこ、左心室では「シンクロ」が一番スキかな。

で、「心臓」を挟んで「ACE」からはじまる右心室は
これがホンモノのラップだぜ、と言わんばかりの怒涛の展開。

Mummy-Dとの掛け合いが凄すぎる「中盤戦」は圧巻。
「この先どうなる?」はやたら脳内ループするな(笑)

強烈なインパクトはないかもしれないけど、
生活の中でゆるやかに流れていてほしい
聞き込むほどに味が出る1枚だと思う。

KREVAを聴かない人に、まず薦めたいアルバムになる。
間違いない。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。