--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月26日 (日) | Edit |
ハリー・ポッターと謎のプリンス


ハリー・ポッター最新作「謎のプリンス」を見てきたっ!

ハリー・ポッターシリーズは全作映画館で見ているので、
もちろん、これも見逃すワケにいかないってことで。

最近、ちょうどTVで「秘密の部屋」を見たところだから、
3人共、ずいぶん大きくなったなぁ・・・と
我が子の成長を見守る親のような気分を味わってしまう(笑)

なんとか3人共、イメージを崩さない程度の変化に
とどまってるのが救いかもしれないなぁ。

やたらおっさん化したハリーとか、イヤ過ぎるもんね。

で、肝心のストーリーのほうはというと・・・。
ネタバレを避ける為に、あまり書き散らかすのはやめるけど、
ほとんどストーリーが展開しない(笑)

今回の謎のプリンスでは、ある大事件を書きたいだけで
その衝撃を強めるために、能天気な日常を描いて
油断させたんじゃないかと思えるほどに。

なので、登場人物に特に思い入れがない人にとっては、
ちょっと冗長な展開かもしれないなぁ。

ボクはハリーたちが一喜一憂する姿を見ては、
楽しめるほどに思い入れが強いので、
全然問題ないんだけどね(笑)

にしても、今回あまりに大きすぎる代償をはらって、
壮大な伏線がはられているような気がする。

常にこのシリーズは冒頭に伏線があって、
その伏線を回収する衝撃的なできごとが
クライマックスで訪れるのがパターンだったけれど、
今回は、最後に伏線を投げっぱなしで終わるので、
それがちょっとツライところだな(笑)

最後にひとこと。

ドラコ・マルフォイの存在意義が薄いな・・・。
もう少し葛藤を描いてあげてほしい(苦笑)

オススメ度 ★★★★☆
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。