--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月28日 (日) | Edit |
遠征から帰ったら、マイケル・ジャクソンの記事を書こう、
そう思っていたんだけど、個人的に衝撃的な事件に
遭遇してしまったので、まずはそれを書こうかな・・・(苦笑)

あー、今回の遠征も、あんなことやこんなことがあって、
充実してたなぁー。

と、満たされつつ、夜行バスに乗り込んだボク。
そして、疲れきって、すぐに眠ってしまう・・・。

ココまではよかった。
てか、まぁ、普通の展開。

しかし!
悲劇は突然訪れたっ!


・・・うぇぼっ!!

そんな奇怪な音とも声とも解らないモノを聴いて
ボクは目を覚ました。

そして、次の瞬間、足に生ぬるい感触が・・・。

えぇぇぇぇ!!

だ、誰かが、ゲロってる!
(食事中の方、ごめんなさい・・・)

そして、それがボクの足にぃ!ひぃぃぃ!

なんか寝ぼけてるのと、
ありえないできごとにボクは錯乱しまくり。

そうこうしてる間にその主は
自分の席に戻っていった。

そして、ふつふつと湧き上がる怒り(おそっ)

人の足にゲロっておいて、謝りもしないって
ありえなくなくなくない!!!

てめぇの血は何色だーっ!!!

てか、プレゼントしてもらった大事なサンダルが
おそらくは、ひどい状態になり、あたりには異臭が。
そして素足で感じる生ぬるい水分。

でも、ボクは怒りより理性が勝ってしまった。
この時間、皆就寝している。
ここで騒ぎ立てれば、ゲロった人よりも
ボクが問題な人にされてしまう可能性がある。
そして、じっと暗闇で異臭とありえない感触と闘った。

そして、パーキングエリアでトイレ休憩。
電気がつくと、ひどいありさまだった。

大事なサンダルと足がゲロまみれに。
ジーンズにも飛散して悲惨な状態に・・・って
韻なんか踏んでる場合じゃない(苦笑)

バスの添乗員にタオルを貰って拭いたものの、
このままでは異臭が残るから、
トイレでサンダルと足を洗った。

あぁ、なんて惨めな光景(涙)

そして、結局、そのゲロの主は、
ひとことも何も言ってこなかった。


ボクは寝ぼけていたし、誰かを特定することもできず、
またわざわざ探し出して、怒りをぶつける気力もなかった。

添乗員に怒りをぶつけることもできたけど、
それは怒りがMAXの暗闇で耐えていた瞬間になら
できたかもしれないけど、もうできなかった。

コトの真相はというと・・・。

どうやら、気分が悪くなったゲロの主が救いを求めて
最前列に来たらしい。

そこでやっちまって、最前列に座っていた
ボクが被害を被ったというワケだ。

てか、吐くならのるな!のるなら吐くな!と言いたい。
可能性あるなら、自分で対策しとけ。
そして、添乗員も、もうちょっと迅速に対応しろって。

温厚なボクでなかったら、
これって大変な騒ぎになってるぜ、ぜったい。

BLOGのネタになったってことで、消化しとくか(苦笑)
それにしても、ありえないできごとだった・・・。

家に帰って、いそいそと風呂に入り、
サンダルをもう一度洗いながら、
ボクは運命を呪ったのだった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。