--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月11日 (月) | Edit |
小室哲哉の猶予判決が出た。

正直ほっとした・・・。

被害を被った方がおられ、有罪である以上、
手放しに喜ぶのは、あまりに無神経すぎると思う。

と思うけれど、でも、うれしいに決まってるじゃないか。

本人も言っていたけれど、実刑は免れないと思ったから。

いつもは、尊敬や愛着を込めてTKと呼んでいるけれど、
今回は、あえて「小室哲哉」と表記する。

まず、人として小室哲哉として、立ち上がってほしいからだ。

大袈裟じゃなく、多くの人に支えてもらって、
再び手にした命を、時間を、大切にしてほしい。


きっと、世間の風は冷たい。
ぶっちゃけ、ボクだって別の誰かだったなら、
結局、金さえあれば・・・ってことかよ?
なんてことを言っていたかもしれない。

でも、もう迷わないと誓ってくれるなら、
絶対に離れないで居てくれる人たちも少なくないハズ。

いや、間違いなくココに一人はいるし!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
「初心に戻り愚直に努めて」
代弁してくれたかのような裁判官の深い言葉。
小室さんの復帰の可能性を残してくれた今回の判決、ファンとして素直に嬉しいです。
たとえ1年でも音楽に全く触れられない時間ができてしまうと…いくら才能があっても、様々な要因からかなり厳しいなと感じてましたので。
会見からは小室さんの深い反省と強い復帰への意志も感じられました。

なんというか…およそ半年間あった心のもやもや。ようやく晴れそうです^^;




2009/05/13(水) 00:41:20 | URL | POMME #-[ 編集]
ホントにねー。

賛否両論あるのは間違いないけれど、
諭すような裁判官のコトバには、
いろいろと共感することがありました。

ボクもようやく心おきなく
音楽制作に打ち込めるってカンジですっ。

どうしても音楽に向き合うたびに
考えずにいられませんもんね(苦笑)
2009/05/13(水) 12:31:46 | URL | こー #VGHpASgM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。