--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年05月15日 (火) | Edit |
破裂しそうなハラを抱えて
門司港レトロへ。

実はレトロな街並みとかって
めちゃめちゃスキだったり。
なんとも言えない風情があるんだよなぁ。

まず、向かったのは旧大阪商船
なんとも言えず、異国情緒溢れる
建物じゃないっすか!
簡単には絵の具で出せなさそうな
このオレンジがたまんねぇ!!(笑)

旧大阪商船


お次は、門司三井倶楽部
こちらは黒を基調とした建物。
レストランになってるみたいだけど、
どんなものを食べられるんだろう?
それにしても、FFの家っぽい(笑)

門司三井倶楽部


次は、ボクが惚れた国際友好記念図書館
この気品漂う佇まい、どうですか!
どこがどうとは言えないけれど、
ボクが夢に描いたような建物だ(笑)

国際友好記念図書館


そして、大正3年に建てられたという門司港駅
駅としては全国で唯一の重要文化財だそうだ。
これは美しいっ!!
ネオ・ルネッサンス様式、ステキすぎ!

門司港駅


ん?黄色い衣を身にまとったヘンなヒトがいる・・・?
バナナマン


と思ったら、ヒトじゃなく、
人形じゃないか・・・。
素でヒトだと思って近づいたから
ちょっと焦った。
なんかヘンなん、いてんでーっ!」とか
小学生みたいに嬉しそうに言わなくてよかった(汗)

どうやらココはバナナの叩き売りの
発祥地らしく、人形の名はバナナマンというらしい。
インパクトは抜群だが、
あんまり友達にはなりたくないな(苦笑)
だが、ちゃっかりグッズを買ってしまったのは
ココだけの秘密だ。

にしても、
食って美味しいっ!見て楽しいっ!
シアワセに浸り尽くした旅行だった。

そして・・・。

ボクは胃もたれと増えた体重という
嬉しくないお土産を携えて
家路に着くのだった。

The END
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。