--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月15日 (木) | Edit |
ミスト


いやぁ・・・後味わるっ!(汗)

あの「ショーシャンクの空に」と同じスティーブン・キング原作で
フランク・ダラボン監督の撮った映画だ!と思って見ると、
かなり意表をついた仕上がりに驚くかもしれないな(笑)

これほどに後味悪い映画はなかなかない。
でも、誤解を恐れずに言うと、
ボクは絶望が大好物なので、面白かった(ばく)

いや、えーと。
自分が実際に絶望したくはないから、
絶望疑似体験をしたいんだろう、たぶん(苦笑)

まったくリアリティがない世界の中で、
描かれるリアルな人間模様。

極限の恐怖に襲われると、
やっぱ人は何かにすがりたくなるんだろうな。

でも、あんなオバさんが妙なカリスマ性発揮しちゃったら、
うざいことこのうえないよなぁ・・・(苦笑)

思うところがあるとすれば、ストーリー展開として、
いざこざが発生するタイミングが早すぎるかも?

最初は、団結して立ち向かおうとして、
恐怖によって、それが崩されていくという構図のほうが
より感情移入しやすいかもしれない。
いや・・・より陰湿というべき?(苦笑)

あと、霧の中に何かいる!という設定を活かして
もう少し見えない恐怖をひっぱってほしかったなぁ。
あまりにあっさり姿を現したのには、ちょっと肩すかしかな?

それから、ボクは父親になったことがないから分からないけれど、
もっともっと切羽詰った状況に追い込まれないと、
あんな決断を下せないような気がするなぁ。

ささやかな約束を守ることが最後にしてやれる
精一杯だったのかもしれないけれど、
もっともがいて、ギリギリのところで・・・のほうが
涙を誘ったかもしれない。

なんにしても、良し悪しは別として、
衝撃のラストの謳い文句にウソはなかったな。

おススメ度 ★★★★☆

霧の中に何かいる!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。