--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月30日 (火) | Edit |
おそらくTKの復帰はglobeからだろうけど、
やっぱTM NETWORKも期待したいっ!

てなわけで、一足お先に、トモコレでTMを
復活させてみたっ!(笑)

あんまり写真をじっくり見て作ってなくて、
脳内イメージ率が高いので、
ファンの方から苦情が殺到するかもしれない(爆)

でも、作った後で、ちょこちょこと修正していけるのが
トモダチコレクションのいいところなんだよなぁ。

まずはTKだ。

トモコレ なんちゃってTK

結構似てると思うんだけどなー(笑)
最近は、当然のことながら、目ヂカラを失った
弱々しげなてっちゃんしか見てないけれど、
コレは脳内補完されてたり(笑)


次は、ウツだけど・・・。
3人の中では、一番似ない(苦笑)

トモコレ なんちゃってウツ

なんだろうなー。何が違うんだろう。
3人で並んでたら、消去法でウツに見えるだろうけど、
それって微妙すぎる(笑)


最後はキネさん。

トモコレ なんちゃてキネ

サングラスが特徴的だから、
そうだと言い切ってしまえば、
そう見えるとも言える(ばく)

にしても、この3人を登録したら、
マンション住人の平均年齢が一気に上昇した(笑)

と、こんなカンジでトモダチのネタが尽きてきたら、
お気に入りな芸能人やアーティストを登録するってのが
きっとトモコレの王道的楽しみかたなんだろうなぁ。

アニメキャラとかを登録するのもありだろうけど、
あまり奇抜な髪色や髪型がないから
再現は難しいかもしれない。

さてさて、次はglobeメンバーも作ろうかなっ。

スポンサーサイト

2009年06月28日 (日) | Edit |
遠征から帰ったら、マイケル・ジャクソンの記事を書こう、
そう思っていたんだけど、個人的に衝撃的な事件に
遭遇してしまったので、まずはそれを書こうかな・・・(苦笑)

あー、今回の遠征も、あんなことやこんなことがあって、
充実してたなぁー。

と、満たされつつ、夜行バスに乗り込んだボク。
そして、疲れきって、すぐに眠ってしまう・・・。

ココまではよかった。
てか、まぁ、普通の展開。

しかし!
悲劇は突然訪れたっ!


・・・うぇぼっ!!

そんな奇怪な音とも声とも解らないモノを聴いて
ボクは目を覚ました。

そして、次の瞬間、足に生ぬるい感触が・・・。

えぇぇぇぇ!!

だ、誰かが、ゲロってる!
(食事中の方、ごめんなさい・・・)

そして、それがボクの足にぃ!ひぃぃぃ!

なんか寝ぼけてるのと、
ありえないできごとにボクは錯乱しまくり。

そうこうしてる間にその主は
自分の席に戻っていった。

そして、ふつふつと湧き上がる怒り(おそっ)

人の足にゲロっておいて、謝りもしないって
ありえなくなくなくない!!!

てめぇの血は何色だーっ!!!

てか、プレゼントしてもらった大事なサンダルが
おそらくは、ひどい状態になり、あたりには異臭が。
そして素足で感じる生ぬるい水分。

でも、ボクは怒りより理性が勝ってしまった。
この時間、皆就寝している。
ここで騒ぎ立てれば、ゲロった人よりも
ボクが問題な人にされてしまう可能性がある。
そして、じっと暗闇で異臭とありえない感触と闘った。

そして、パーキングエリアでトイレ休憩。
電気がつくと、ひどいありさまだった。

大事なサンダルと足がゲロまみれに。
ジーンズにも飛散して悲惨な状態に・・・って
韻なんか踏んでる場合じゃない(苦笑)

バスの添乗員にタオルを貰って拭いたものの、
このままでは異臭が残るから、
トイレでサンダルと足を洗った。

あぁ、なんて惨めな光景(涙)

そして、結局、そのゲロの主は、
ひとことも何も言ってこなかった。


ボクは寝ぼけていたし、誰かを特定することもできず、
またわざわざ探し出して、怒りをぶつける気力もなかった。

添乗員に怒りをぶつけることもできたけど、
それは怒りがMAXの暗闇で耐えていた瞬間になら
できたかもしれないけど、もうできなかった。

コトの真相はというと・・・。

どうやら、気分が悪くなったゲロの主が救いを求めて
最前列に来たらしい。

そこでやっちまって、最前列に座っていた
ボクが被害を被ったというワケだ。

てか、吐くならのるな!のるなら吐くな!と言いたい。
可能性あるなら、自分で対策しとけ。
そして、添乗員も、もうちょっと迅速に対応しろって。

温厚なボクでなかったら、
これって大変な騒ぎになってるぜ、ぜったい。

BLOGのネタになったってことで、消化しとくか(苦笑)
それにしても、ありえないできごとだった・・・。

家に帰って、いそいそと風呂に入り、
サンダルをもう一度洗いながら、
ボクは運命を呪ったのだった。


2009年06月26日 (金) | Edit |
DSのゲーム「トモダチコレクション」がヤバい。

ドラクエ発売までのつなぎにはなるかな?と
衝動的に買ってみたんだけれど、
とんでもないぐらいにはまってしまった(汗)

自分の分身を作って、友達の分身を作って、
とある島に住まわせ、その生活を眺める。

こう説明すると全然面白そうじゃないんだけど、
かなりイイ感じの脱力感が漂っているのと、
友達たちが微妙に似ていれば似ているほど、
その動きに笑ってしまう。

かってに仲良くなったり、喧嘩したりしてて
なんか和むんだよなぁ・・・(笑)

DSを眺めて、にやにやしている姿は
ぜってぇ、誰にも見せらんねぇ(苦笑)

これでドラクエ、中古待ちできちゃうかも(笑)

こういうキラータイトルをさりげなく出してくるから、
任天堂って侮れないよなぁ。

友達を100人まで登録できるんだけど、
そんなに友達がいるはずもなく、
実は寂しい人かもしれない?と
改めて思う、こーなのでした。

2009年06月21日 (日) | Edit |
MACKYさんとのコラボ「1974」が公開になった~っ!

聴いてみるって方はコチラ!

って、書くのがちょっと遅いんだけれども(苦笑)

ダメだー。
暑くなってくると、急激に動作スペックが低下する(汗)
やりたいコト、いっぱいあるけど、身体がついてこないぃ~!

これから夏本番だってのに、大丈夫なんだろうか。

と、前フリが長くなりすぎた。
そろそろ本題にはいろうっ。

MACKYさんとの2回目のコラボなんだけど、
コレは、ホントにもう1回声がかかるとは思ってなかったのと、
MACKYさんは育児でお忙しいだろうと思ってたので、
全く予想外のところから、流れ弾をくらったようなカンジ?(笑)

曲目については、MACKYさんから指定があって、
なんと!それはTM NETWORKの「1974」だった。

最初、「コレなら歌えるかな」と安易に承諾。
というか、アノMACKYさんのオケでまた歌えるなんて!と
後先考えずにOKしたというのがホントのところ。

しかし・・・。

コレ、実はすげぇ難曲だった。
結構、カラオケで歌ってたし、イケると思ったんだけど、
まず、苦戦したのは、「さわやか」に歌うこと(笑)

ボクはB'zやラルクを歌いすぎていて、
特にハイトーンを出そうとすると、自然に伸ばさずに
妙な余韻を残したり、ひねったりする癖が出る。

コレを消すのが大変だった。
はっきりいって上手く歌おうとして歌えるワケじゃないし、
それはまぁいいとしても、
やはりTMファンとしては、できるかぎり
雰囲気は大切にしたいじゃないすか!

あの頃のキモチを粘着質なヴォーカルで
歌ってはいけない
じゃないすか!(笑)

あ、いやB'zやラルクの悪口を言いたいワケじゃなく(苦笑)

あと、どうにも思いっきり歌ってみたくなって、
カラオケルームでのRECも試してみた。

コレははじめての試みで、MACKYさんには
迷惑かけっぱなし(苦笑)

やっぱ音の響きや質感が全然違うんだよなぁ。
自分でオケ作って、自分で試してみるべきだったかも。
でも、どうしても、1974でやれることは全部やりたかったし。

まぁでも、その甲斐あって・・・というか、
MACKYさんのテクのおかけで、
とても心地よいVoに仕上げてもらえた。

と、なんか自分のVoの苦労話みたいなのばかり
書いてしまったな(苦笑)

あいかわらず、MACKYさんのツボを押さえた
アレンジは素晴らしいのひとこと。

原曲の雰囲気を守りつつも、
古臭さをカンジさせない、秀逸なアレンジだと思う。

てか、単純にスキだー(笑)
MACKYさんの過去作品の中でも一番ってくらい。
イントロのギターとBメロアレンジが
ボクとしては、特にお気に入り。

そうそう、忘れちゃいけないMACKYさんのコーラス!
もともとの声の響きの美しさもあるけれど、
包み込むような浮遊感のあるエフェクトが最高すぎ。

ちょっと書きたいことが多すぎて、やけに長くなった。
さすがにこれぐらいにしとくか・・・(笑)

それにしても、今年はもう後がないってぐらいに
忙しなく活動してるなー。

この調子で12月には、アノ曲で終われたら、
もう思い残すことはないだろうな(笑)
と、意味深なコトバを残しつつ・・・

MACKYさん、嬉しい機会を設けて下さって、
ありがとうございましたっ!

2009年06月13日 (土) | Edit |
ターミネーター4

ターミネーター4を見てきたっ!

いやぁー、想像以上に面白かった。
たぶん、4作目とかで、こんなに面白い映画は
他にないんじゃないの?
と微妙な絶賛のしかたをしてしまうけれども(笑)

皮肉でもなんでもなく、ボクは完全肯定派になった。

ネタバレは極力避けるけれど、
ほんの少しの予備情報すらもいらねぇ!って人は
続きを読まないように(笑)

[READ MORE...]
2009年06月06日 (土) | Edit |
マクロスフロンティア01

やっと「マクロスフロンティア」を見た。

アニメの記事って書いたことあったかなぁ・・・?
10代の頃は、はっきりってヲタだったんだけど、
もう全然見なくなったもんなぁ。

結論から言うと、このアニメはスゴい。
とんでもなくハイクオリティだと思う。

もともと絵を描くのが趣味だったボクとしては、
まず作画力の高さに魅入ってしまう。
今はTVアニメでもこんなハイレベルなのかー。

キャラクターの造詣も抜群の安定感で美しいけど、
CGで描かれた戦闘シーンがすごすぎ。

・・・と、肝心のストーリーそっちのけで
画面に惹きこまれてしまう(笑)

この第1巻は、はじまりの予感だけで終わるので、
あんまりハナシは見えないな。

音楽から入ったから、ランカやシェリルの名前は知ってたけど、
なるほどー、こういうキャラなのかーと新鮮な感じ。

キレイ系とカワイイ系をフォローしてるから、
女性キャラ目当ての人も満足度を得られやすいだろうな(笑)
それにしても、銀河の妖精シェリルは性格悪ィなー。
これから意外な一面とかが描かれていくのかな?

男性キャラのアルトを一番気に入ってしまったボクは
やはりちょっとヤバイのか?(苦笑)
なんかこういう反骨精神溢れるキャラには惹かれてしまうんだよなぁ。

「自分だけ逃げるのか!」と吼えるシーンがカッコいいぞっ。

あとサウンド面は文句ナシだ。
音響効果も抜群だし、知ってる曲が惜しみなく聴けるし(笑)

てか、こんなところで終わるなよー!
と思いながら、また第2巻を借りにいくボクなのでした。

2009年06月05日 (金) | Edit |
なんというか歳を重ねていくたびに、
元気に誕生日を迎えられるだけで十分だと
思うようになってくる(笑)

そのうえ、何人もの人が覚えていてくれていて
グリーティングカードを送ってくれたり、
MySoundでメッセージをくれたりするなんてのは、
シアワセの極みだ。

人が生きてるコトを実感できるのは、
自分の存在を覚えていてくれる人がいるから。

確実に今日、この瞬間も
ボクは誰かによって生かされている。

決しておごることなかれ。
人はどんなに強がっても、1人じゃ生きられない。

孤独の中にささやかなシアワセを見出したとしても、
それはとても儚いモノだろう。

だから、どんなに不器用でも、
人を大事にしながら、人の中で
生きていたいとボクは願い続けるんだ。

2009年06月04日 (木) | Edit |
RH-300購入!

ずっとどれを購入するか悩んでたんだけど、
結局、Rolandのモニターヘッドフォン「RH-300」を購入。

結論から言うと、コレはいい(笑)

なんかポーチもついてきた。


ずっと使ってたオーテクのATH-A500と比べると、
音の分離感や透明度が格段に違う

やはり本格的なモニターヘッドフォンはひとあじ違うぜ!と
素人なボクでも分かるレベル。

今、この記事を書きながらモニタリングしてるのは、
POMMEさん&mai**さんの珠玉のコラボ曲
save your dream」だったりするワケだけど。

リアルタイムに質感を追ってみる(笑)

とにかく、VoがA500と比較して、めちゃめちゃ明瞭。
もう目の前でmai**さんが歌ってくれてるような感覚。
A500では奥に引っ込んで聴こえていた
POMMEさんのコーラスもくっきり聴こえるっ!

次に気がつくのは、ベースとキックがズンズンくるカンジ。
のっけからローのタムの響きがA500とは全く違って
聴こえたから、ちょっとのけぞった(笑)

RH-300は打ち込みサウンドの表現に優れる、と
どこかでレビューされてたんだけど、
確かにリズム隊の表現力が素晴らしいと思う。

ココで試しにA500で聴いてみると、
リズム隊がオケに埋もれるように聴こえるカンジ。
でも、まろやかでリスニング用途なら、
こちらのほうが聴きやすいかな・・・?

ちょっと音源を変更。
今度はMACKYさん&Suenagaさんの「SCREEN OF LIFE」だ。

やっぱMACKYさんらしいトリッキーなサウンドは
このRH-300の得意分野っぽい。
音の分離間が増したことで、上下左右の広がりが
感じられるようになった。

やはりヴォーカルが艶やかに聴こえるなぁー。
Suenagaさんコーラスのゴージャス感アップだ。


聴いて楽しいサウンド、ということで
今回のRH-300という選択は正解だったと思う。

SONYの「MDR-CD900ST」も候補に入れてたけど、
とても音が淡白でどちらかというとレコーディング用と
いうレビューがあったので、見送った。

好んで聴くサウンドの傾向が打ち込みサウンドで
且つヴォーカルとリズム隊を中心に
聴く人なら、
コレはリスニング用途にも使えるんじゃないかなぁ。

もちろん、音の分離感、定位も明瞭なので
モニター用途として申し分ないと思うので、
1万円強ぐらいで探すなら、おススメできると思う。

あ、そうだ。
装着感は、オーテクのA500のほうがソフトで心地いい(笑)
RH-300は側圧が強めで多少圧迫感あり。
まぁ、すぐに慣れるんだろうけども・・・。

それにしても、モニタースピーカーも「MA-15DBK」だから
ボクは完全にRolandの回し者みたいになってきたな(笑)
ついでに言うとDAWもSONARだし。

FANTOMも買うしかない?
いやぁー、そんな金ないっす(苦笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。