--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月28日 (水) | Edit |
TKが復活するまでに100曲レビューできるか?
みたいな無謀企画を開始(笑)

最速でも100日かかるし、毎日はムリだから、
到底1年じゃ終わらないよなぁ・・・。
それに100曲で収めるのが難しい気も。
だいたいBLOGの更新が継続できるのか?(ばく)

などと思いつつ、とりあえず開始。
TKの復活とボクの100曲レビューの
どちらが先に完結するか勝負。
願わくば、鮮やかに敗北したい(笑)

KISS YOU / TM NETWORK


まずは、ボクがTM NETWORKにハマッた記念すべき1曲。
KISS YOU(1987年10月1日)から。

え?GET WILDじゃねぇの?と言われそうだけど、
実はGET WILDは好きじゃなかったのだ。

弟が先にハマッて散々聴いてたけど、
ボクはウツの声が好きになれず、
どうにも受け入れられなかった。

で、次に発売されたこのシングルで
ボクは相当な衝撃を受けたのを覚えている。

だって、まだアイドル全盛の時代に、
こんな実験的なサウンドを投下するんだから(笑)

宇宙と交信してる(?)ようなイントロ。
リズム重視でラップ調のAメロ。
ブラスとノリノリのコーラスが彩るファンキーなサビ。
どこを切っても斬新且つ異彩を放ちながらも、
カッコよさは損なわない絶妙なバランス感覚。

小室哲哉は天才だと思った瞬間だった。
ウツの歌声への苦手意識は完全払拭された。
木根さんの存在は、まだ意識下になかった(ばく)

歌詞の意味はよくわからなかったんだけど(苦笑)

与える者たちと奪う者たち
作られたシステムと作り出すシステムに


っていう部分がやけに好きだったなぁ。

他にもbright & darkだとかblack & whiteだとか
全編を通じて、相反するモノたちが登場する。

世界は相反する存在同士のしがらみに溢れているけれど、
それらに囚われることなく、いかなる立場にあったとしても、
自分らしく生き、夢を追いかけるんだ!というような
メッセージが込められているのかな、と
いい年になった、おっさんのボクは思うワケなのである(笑)

あの当時は意味が解らず、
今ごろになって多少意味が理解できたとしても、
いつのまにかあの日の少年は、
笑うリアリストたちの仲間入りをしてしまっている
というのが悲しい現実・・・。

と、そんな理屈をこね回す必要はなくって、
今聴いても、やっぱこの曲はすげぇ好きだな。
そのひとことに尽きる。

ただ、カラオケで歌ってもいまひとつ
盛り上がりにかけるのが残念だ(笑)


スポンサーサイト

2009年01月25日 (日) | Edit |
プティフランス(キャラメルアーモンド)


BLOGの記事にはしてないけれど、
現在、地道なダイエット中なので、
お菓子は極力避けてた。

というか、摂取量を抑制してるから、
プリングルズなんかを買うと、
やけに食べたくなったときに、5枚食う!
みたいな食べ方だと、2ヶ月経ってもなくならない(苦笑)

でも、久々にチョコレートが食べたくなって
目についたのがプティフランス(キャラメルアーモンド)だ。

ボクはキャラメルとアーモンドという単語に弱い。
だって、なんだかやけに旨そうじゃないか!(謎)

で、食べてみたんだけれども、
まず、ざくざくとした食感がイイ。
そして、甘いキャラメルと香ばしいアーモンドの
コラボレーションが最強だっ!

と、うさんくさいグルメレポートみたいに
なってしまったけれど、
味のほうはホントに美味しいので、
気になる方は、ぜひお試しをっ!

ちなみにひとつ食べると、約31kcalぐらい。
1箱食べると、ほぼご飯茶碗一杯分。
・・・ううむ。1日2個ぐらいが限界?

2009年01月24日 (土) | Edit |
ハプニング


人が降ってくる予告が、やたら気になってた
ハプニングがレンタル開始になってたので、見てみた。

ボクは結構好きな映画だったけれど、
ネットを見渡してみると酷評されまくってるなぁ。
シックスセンスのせいで期待過剰なのかも?

唐突に周囲の人々が静止したかと思うと、
一斉に自傷というか自殺をはじめる。淡々と。

その映像はあまりにショッキング。
というか、それで牽引する映画だな、コレは。

壮大なテーマとしては、地球への贖罪、
身近なテーマとしては、家族愛を描いていると
思うんだけれど、あんまり考えずに見るのが吉かも(笑)

[READ MORE...]
2009年01月22日 (木) | Edit |
「死にたいと思ったことがある人」が集まって、
ありふれた日常を過ごしていく。

何気ないやりとりが交わされつつ、
時は流れていくんだけれども、
やはり彼らは痛みの告白へと向かう・・・そんな展開。

翔太の告白は、ボクにはあまりに痛かった。

入社した会社で営業に配属され、
特訓と称して、上司にしごかれる。
無能、給料泥棒と蔑まれる日々。
そして、鬱と診断され、自殺未遂に至る。

ボクは自分を思い返さずにいられなかった。

[READ MORE...]
2009年01月19日 (月) | Edit |
ヴォイス~命なき者の声~


この春、はじまった「ヴォイス~命なき者の声~」が
最近のお気に入りだ。

法医学ゼミの学生が、亡くなった方の声に
耳をかたむけて、真相を究明するというのが、
大筋のストーリーライン。

まぁ、犯人探しをするなら、よくある話なんだけど、
それだと学生が主人公にはなれないワケで、
今のところ、命を落としたのは、
不幸な事故に遭われた方ばかりだ。

浮き彫りになっていく人間模様。
亡くなった方の思い。
それが明らかになるにつれ、
いつも涙腺が緩んでしまう。

あまりに純粋すぎる思いがそこにあって、
あぁ、人間っていいもんだよなぁと、
大袈裟じゃなく、思うワケで。

と、これだけだと
やけに重苦しい印象だけど、
学生たちの軽快なやりとりが、
いいカンジにそれを緩和させるべく
機能してると思う。

正直、これを見る前は、
瑛太ってなんかぱっとしないな、と
思っていたんだけれど、
なかなかイイ味出してるじゃねぇか、と
評価が一変してしまった。

単純すぎるぜ、自分(苦笑)

ヴォイス~命なき者の声~ オフィシャルサイト

2009年01月18日 (日) | Edit |
遠征先の某駅で見かけたプリンのワゴン販売。

プリンのワゴン販売っ!!


自称プリン通のボクが素通りできる筈がない。
たとえ、ダイエット中であろうともだ!
コレは食事量を減らしてでも、食さねばならない!
ボクは直感的に、そう判断した。

「お持ち帰りの時間はどれぐらいですか?
30分きざみで仰ってくださいっ」

「・・・・・・9時間ぐらい?」

「9時間?!」

 
販売員の人、いいリアクションだ(笑)
そうなると思ったから、ちょっと躊躇ったんだよなぁ。

バスに乗ってる時間が9時間ぐらいだから、
実際は、12時間を超えるだろう。
しかし、おくゆかしいボクは、そんなことで
プリンへの愛情の深さを示そうなどとは考えない。

愛情は安っぽくひけらかすものではなく、
静かに、それでいて絶えることなく、
育んでいくものだ!(なんのこっちゃ)

[READ MORE...]
2009年01月15日 (木) | Edit |
ミスト


いやぁ・・・後味わるっ!(汗)

あの「ショーシャンクの空に」と同じスティーブン・キング原作で
フランク・ダラボン監督の撮った映画だ!と思って見ると、
かなり意表をついた仕上がりに驚くかもしれないな(笑)

これほどに後味悪い映画はなかなかない。
でも、誤解を恐れずに言うと、
ボクは絶望が大好物なので、面白かった(ばく)

いや、えーと。
自分が実際に絶望したくはないから、
絶望疑似体験をしたいんだろう、たぶん(苦笑)

まったくリアリティがない世界の中で、
描かれるリアルな人間模様。

極限の恐怖に襲われると、
やっぱ人は何かにすがりたくなるんだろうな。

でも、あんなオバさんが妙なカリスマ性発揮しちゃったら、
うざいことこのうえないよなぁ・・・(苦笑)

[READ MORE...]
2009年01月12日 (月) | Edit |
英政府が大人2,500人を対象に行ったアンケートで、
最も不快な発明品はカラオケという結果が出たそうだ。

なんで不快なんだ?
手軽にストレス発散できるし、
むしろ快感じゃないか!って思うけどなぁ。

その理由の最たるものは、こういうことらしい。

楽しいのは歌っている人だけ。周りの人にとっては苦痛。

めっちゃ直球やん!(笑)

どうやら、英国では個室型のカラオケボックスよりも、
ビールを飲みながら会話を楽しむパブにカラオケが設置
されていることが多いのだそうだ。

あぁ、なるほど。

ボクもたまに会社のつきあいで
カラオケスナックとかに連行されるけど、
あぁいうときの酔っ払いのへろへろな歌唱
確かに苦痛きわまりない(苦笑)

だけど、やっぱ個人的には
カラオケは偉大な発明だと思うけどな(笑)
発明者の井上大祐さんに感謝しなきゃ。

この井上さん、カラオケの特許はとってないらしい。
この特許をとっていたら、
136億円は稼いでいただろうとのこと。

すげぇ。

2009年01月11日 (日) | Edit |
デッド・サイレンス


ずっと気になってたデッド・サイレンスを見た。

あのソウと同じ監督&脚本家の作品ということで、
やっぱ多少なりとも期待は膨らむワケだけども。

まず、腹話術の人形がコワい(苦笑)
何も起こっていなくても、あの人形の顔だけで
十分怖いと思う。

だいたいボクは何がトラウマになってるのか
昔から人形はコワいんだよなぁ。
実家に日本人形が飾ってあった時期があったんだけど、
なんか夜中に見るのはイヤだったもんな。

と、話が脱線した(苦笑)
物語は、主人公の家に誰かから
腹話術の人形が送られてくるところから始まる。

その人形が届いた直後、悲劇は起こる・・・。

[READ MORE...]
2009年01月10日 (土) | Edit |
MiChi/PROMiSE

今年ひとりめの注目アーティストは、MiChiだっ!

このCDのジャケットがずっと気になってたんだけど、
ジャンルがエレクトロロックということが分って、
ついに手を伸ばしたワケだ。

聴いてみると、確かにエレクトロな感じ。
重いキックがたまんねぇ(笑)
そして、歌声がすげーカッコいい!
ドライブに重宝しそうなサウンドだなぁ。

イギリスと日本のハーフだから、
英語もナチュラリィだし。

このテンションを維持し続けてくれたら
面白い存在になるかもっ!

楽しみに追っかけてみるか!

↓コレがメジャーデビュー曲「PROMiSE」



↓こっちは、CWの「HEy GirL」

どっちもイイかんじだけど、ボクはこっちのが好きかも。



2009年01月09日 (金) | Edit |
弟が結婚するらしい。

というか、もう2年ぐらい同棲してるんだし、
そろそろけじめつけなきゃ!ってのはあるよなぁ。

新年の挨拶もかねて、
みんなで焼肉でも食べよう!ってことで、
実家に両親、ボク、弟、弟の彼女が
集まったわけなんだけども。

今日はハナシがあります

と、いきなりかしこまる弟。
ボクの脳裏をかすめたのは、お金のことだった。

こんなところで、詳細を晒す気はないけれど、
弟はいまひとつ金のやりくりが上手くない。
いや、彼女が浪費家なのか?
まぁ、なんにしても、金に困る状況に陥ることが
多いのは確かだ。

もう親には金を貸すほどの経済力ないぜ?
なんてことを思っていると、
弟の口から出たコトバは、入籍しようと思っている
ということだった。

なんだ、金じゃないのか(苦笑)

一応、両親の同意を求めたわけだけども、
まぁ、反対する理由はないワケで。

いろいろと思うことはあるにせよ、
多少面食らったような感じで、
両親は弟の結婚を承諾していた。

ボクはというと、どうリアクションしていいのか
わからずに、特に何も言わなかった(笑)

普通なら、おめでとうとか言うんだろうか・・・。
でも、いまさら新しい人生の門出ってカンジでも
ないしなぁ・・・ううむ。

なんにしても、がんばるのだ。

人生はたまらなく楽しく、そして、険しいもの。
最後に笑えるように生きるべし!

2009年01月06日 (火) | Edit |
ひぐらしのなく頃に~鬼隠し編1~

ついにひぐらしに手を出してしまった。

なんともダークな雰囲気の表紙に惹かれて
ずっと前から気になってたんだけど、
どうもギャルゲー風味な絵がネックで
あと一歩踏み込めずにいたんだけど。

2008~9年の年末年始は、奇跡的に
寝込むほど激しく体調を崩すことがなくて、
結構時間があったからなぁ。

と、前置きが長くなりすぎた(苦笑)

どうか嘆かないで。
世界があなたを許さなくても、
私はあなたを許します。


最初に書かれた、この文脈で
あっさりとボクは惹きこまれてしまった。
こういう意味深な雰囲気は大好物だ(笑)

と、ワクワクしていると、
怒涛の如く、ラブコメのような展開に突入。
やばい、はずしたか?

ちょっと不安になってきたところで、
主人公である圭一が雛見沢村で
殺人事件があったことを聞かされ、
ようやく期待した展開が見えてくる。

失われる命、次第に見え隠れする狂気。
募り行く疑心。雛見沢村の秘密とは?

[READ MORE...]
2009年01月03日 (土) | Edit |
REMASTER

いやぁ、やっぱTM NETWORKはいいな。

このDVDには、素直にそう思わせるチカラを感じた。

ふらっと立ち寄ったCDショップで、コレを見つけて、
そういえば買ってなかったな、と衝動的に購入。
で、なんか懐かしさとか、ひとことでは言い表せない愛着だとか、
まぁ、いろんな感情が沸いてきて惹きこまれる127分を体感。


[READ MORE...]
2009年01月02日 (金) | Edit |
鳥居

初詣に行ってきたぜぃ!

まぁ、いつもと変わらぬ場所に両親と
行ってきたワケなんだけども。

正直、年に1回のことだし、
別に斬新さを求めなくても、
マンネリを感じるようなものじゃないもんな。

なんか年々、人が減ってる気がする。
人が多かったときなんて、
フランクフルトのケチャップを
前の人にトッピングしてしまわないかと
ヒヤヒヤしながら、歩いてたもんなぁ。

そして!
初詣といえば、やっぱ巫女さんでしょ!
このときばかりは、ボクは日本人に生まれたことを
誇りに思わずにはいられないのだ!うをー!(壊)

って、こんなキャラだったか、自分(汗)

気をとりなおして・・・。
やっぱ初詣といえば、おみくじを忘れちゃいけない。

今回は末吉だった。
前回は小吉だったから、年々ランクダウンだぜ!
ちなみに両親二人は大吉だった。ちくしょう!

どれどれ・・・?

苦しみを逃れて楽しみ多き身となる運なり

ふむ。悪くないじゃないか。
末吉などというラベルに惑わされず、
おみくじの本質に触れるべきだな。うん。

にしても、例の如く、
焼き鳥だ、焼きそばだ、ポテトだ、と
鬼のように食っちまった。

暫く続けているダイエットの努力が
一日で帳消しにならないように祈ろう(苦笑)

でも、寒空の下で、食べるぜんざいは
やっぱ格別だったなぁ。
普通に食べるより、3割増しぐらいで旨い!

こんなんで痩せる筈ねぇよ!(ばく)

ぜんざい


2009年01月01日 (木) | Edit |
ちょっと遅ればせなカンジだけど、
新年明けましておめでとうございます!

・・・ということで。

気がつけば、オトラクは10周年。
って言っても、何も動かしてないしなぁ。

とりあえず、動かしようもないコンテンツは
削減して行く方向で、リニューアルすべきかな(苦笑)

実際のところ、昨年、愛犬を亡くしているから、
おめでとうというべきではないのかもしれないけど、
危なかった祖母は、無事に新年を迎えたワケで、
そのことについて、やはりめでたいと言わずにはいられない。
まぁ、バーニィも解ってくれるだろう。

さぁ、今年はどんな1年になるかなぁ。
いや、どんな1年にしてやろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。